上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT [--/--/-- --:--] スポンサー広告 コメント(-)

対人における法師のビルドは大まかに分けて3つ存在していて、ほとんどの人は3つの特化から少しずつ弱点を補います。

1.霊力MAX、最低限の力で火力特化タイプ
2.体力MAX、最低限の霊力力でタフネスタイプ
3.何らかの手段を用いての物理防御特化タイプ

 PvPで最も脅威なのは1番の火力特化タイプですが、常に死と隣り合わせとなります。
倒しきれない相手や奇襲を受けた場合にはなすすべ無く死んでしまうという欠点があるためです。
また、魔法しか使えない法師が優位に戦えるのは戦士、弓、獣の3種のみですが、この3種族は弓しかソロで倒しきれず、特攻や奇襲を行ってきます。
一方的に戦える場所や役割での戦闘では能力を発揮しますが、混戦になるほど討たれ弱さが目立つ事になります。
領土戦ではゲリラや対投石特化としてその本領を発揮すべきでしょう。
幸い法師はアースシールドによる物理防御上昇値が大きいため、アクセサリーの高精錬がそのままタフネスさにつながります。
武器精錬しないと霊力が無駄になるため、お金がないとごみくずで、お金をかければ最強のビルドです。

 体力型は護符前提での戦いでは最強のタフネスさを持ちます。
ただし、火力職といっても霊力がなければ火力は出ません。
できるだけ前線へ出て、味方プレイヤーとの連携を持つのがこのタイプの必須条件でしょう。
十分な物理防御と高い魔法防御、そこそこの火力をもつこのタイプは集団戦、混戦でその力を発揮します。
指揮官の立場から言えば、指示通りの場所で長期間戦い続けることのできるこのビルドは安心して役割を任せられます。
ステータスと物理石だけで十分作れるため、ビルドを組み立てるだけなら経済的ですが
対人以外の面では消耗が無駄に激しく火力がでないという悲しい存在です。
体力が1=10という職業特性のためステ効率を考えるとあまりよくありません。
また、いくらがんばっても限界点が低いという欠点もあります。

 物理防御特化タイプは、法師の戦うべき相手のみに視点を置いたアンチタイプです。
法衣職相手にはどうしたって勝ち目はない代わりに、重装備相手ならばHPを削る程度の役割は果たせますし、物理攻撃を食らい続けても問題なく戦えます。
法師が魔法主体で狙われることはほとんどありませんから魔法防御はぎりぎりまで抑えても大丈夫です。
ただし、十分な物理防御を確保するためには重装備の存在が必要不可欠です。
適正武器と適正重装備の同時装備はノーマルでは不可能なため、かなりの制限が必要となります。
タフネスさでは体力型には劣りますし、体力にふる余裕が全くありません。
が、重装備と兜の精錬でかなりのHPを確保することができ、一部分を法衣にスイッチすることで魔法にも耐えられます。
相手が人であることを考えれば腕と構成しだいで十二分なタフさを発揮できるでしょう。
火力面では敏捷によるクリの増加と、魔法アクセによる詠唱UPが確保できることで体力型より少し高い火力を保つことができます。
問題点は、取り返しのつかないステータスと融通の利かない装備でありながら、重装備だとバレルとその性能が大きく下がることでしょう。
間違ってもブログで宣伝なんてしてはいけません。


まぁ軽装備ならともかく重装備きてるのなんて自分以外見たことないですがね。

EDIT [2008/05/19 23:52] 法師 Comment:2
昨日、あるモフモフに「魔道にドロップ1.5倍スキルあればいいのにね」っと言われました。
通報しておきました。
でも、そんな魔道とそのモフモフが大好きです。
[2008/05/20 01:44] EDIT
苦難の先にはきっといいことがある。
そう信じて今日も妖精を育てています。
[2008/05/20 02:53] EDIT
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

最近の記事+コメント

ニコニコ動画ビューア

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。