上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT [--/--/-- --:--] スポンサー広告 コメント(-)

指揮官は揺らいではいけない。

では、兵隊はどうなのか?

何も難しいことはない。ただ人並に力をつけて指揮の通りに動くだけだ。

ただやみくもに敵を討つだけならPKでも闘技場でも行けばいい。

領土戦に必要なのは一騎当千のエース79人ではない。

指揮官の言うことにただ従い、考えることなく務めを果たす79人だ。

例え、指揮者が一見愚かな判断を下そうとしたとしても、だ。

敵が戯言をほざいて攻めの手を止めた時に、その戦場を離れ別の地点を攻撃に行く。

その戯言が真だろうが嘘だろうが兵隊にとってはどうでもいい話。

仮に嘘だったとして、指揮官はその可能性を含まずその判断を下すのか?

そんなわけがあるはずがない。そんな無能な指揮官ならとっくの昔に戦争は終わっている。

よしんばその判断が間違いだったとしても、それをリカバリーするのもまた指揮官の判断だ。

それを信じられないのならばやはり兵隊が兵隊である必要はない。

妖精一本釣りに獣盾の精霊二人で安全に

何よりも大切な時間を浪費しながら和気藹々とダンジョンでも楽しめばいい。

兵隊にとって指揮官は頭だ。

兵隊は指揮官の右手だ。左手だ。両足だ。守る鎧であり討つ剣だ。

核ミサイルを敵陣本拠に叩き込んで粉みじんにするような戦いでないならば

ただ従え。

戦場に入る。

そのボタンを押すって事はだ。

殺しにきている敵を、殺したいんだろう?

いいじゃないかそれで。

それが戦争だ。

守りたいなら、勝ちたいなら、勝手に事は進んでいくさ。

EDIT [2008/06/10 07:20] 領土戦 Comment:3
勝つためにどう動くかは結局個々が決めること
その個々の思考をどれだけ同じ方向に持っていくことができるかってのも指揮官の腕の見せ所なんじゃないかなぁ
[2008/06/10 10:58] EDIT
そして、偵察は
指揮官の目であることに
誇りもってその役割を果たしますm(_ _)m
[2008/06/11 01:36] EDIT
これは兵隊の話。
理想論でしかないが心得といった所か。

>>ゆりさん
がんばってくだしあ
[2008/06/11 14:14] EDIT
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

最近の記事+コメント

ニコニコ動画ビューア

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。